マンション管理の極意!

大規模なマンションで管理手法が確立されていないと苦労が絶えないです。

特に居住者の数が多くトレンドのある地域のマンションの管理ともなると大変な労力を要します。さらに近年ではIT技術やエコ設備などが著しく発展しており、その仕組み自体を理解するのも大変ですが、それを管理するとなるともはや専門知識が必要となるレベルです。高機能な設備などで複雑化しているマンションの管理ですが、その極意があります。それは基本に立ち返り、「自らで日常点検を行う」ことです。日常点検とは、その名の通り日常的に行う点検作業です。

具体的には建物における屋根・外壁・内装などを部位別に目視で確認したり、電気や空調設備に異常がないかを点検します。設備を見るといっても専門的な知識までを必要なとせず、設備機器の外観に異常がないか、異音や異臭がしていないかなど、素人でもできる内容に絞って見廻ります。その際には建物の図面や確認リスト、さらには懐中電灯やデジタルカメラを準備した方がいいです。状況によっては脚立などもあった方がいいかもしれません。

またポイントとなる点は、毎日同じ時間に同じルートで巡回することです。そうする事で、些細な異変や不具合に気付ける可能性が高まります。台風などの大雨が降った後は、特に注意が必要で天井や壁に漏水の跡がないか、外壁に落下しそうなものがないかなど状況に応じた点検を要します。さらに大地震など予期せぬ災害に対しても安全確保をした後に、現場を把握することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *