マンション管理を専門会社に任せるメリット

マンションに住む人は毎年増え、その数は現在1、500万人とも言われています。

これは一戸建て住宅にはないメリットを持つ物件が増えたことが人気の一因です。しかし住人の数が増えればトラブルも起こりがちになり、これを回避することを目的にマンション管理組合の設置が法律上義務づけられています。各マンションごとに管理組合が設けられ、独自ルールにより住人間のトラブルなどを抑止することが主な目的です。マンションには共用部分が多数あり、例えばエレベーターの点検や保守、共用部の水道や光熱費・各修繕工事など、さまざまな部分で費用が発生します。

これらを賄うために共益費などの名目でお金が徴収され運営することになりますが、その業務を行うのは管理組合です。しかしこの業務は専門的な部分があり、煩雑で、費用面でも運営が難しい部分がありますので、現在ではマンション管理業務を一手に担当する会社があります。その会社は管理組合の諸問題を解決に向けアドバイスを行い、円滑な運営をサポートします。例えば建物の老朽化に対する対応方法などを具体的に計画立案し、組合の担当者と連携して実行します。

組合担当者だけではなかなかうまく進まないことでも、専門的知識がある会社に任せると円滑な計画・実行ができる大きなメリットがありますので、現在利用することが増えてきています。また共益費の収支予算や事業計画に必要になる予算案も作成し、事業計画と実行後の決算も報告書などで明らかにしてくれますので、安心して事業を遂行することが可能になります。そして会計や清掃・点検・事故・工事の実施状況などの細かい報告も毎月行なわれますので、住人にとって明確で安心できる運営が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *