マンションの管理を委託する際のポイント

大切なマンションの管理を委託したいと思うなら、失敗のない会社を選ばなければなりません。

そこで必要となるのは、十分な情報を集めた後、複数社を選び各社に見積りを出してもらうことです。その際、委託する業務と自分で行なう業務とを明確にしておくなら、余分な費用をかけなくて済むでしょう。特にマンションの管理会社を選ぶ際には、登録済みか無登録の業者かをしっかりとチェックする必要があります。必ず登録済みの業者を選ぶとともに、実際の管理状況を詳しくチェックすることも必要です。

また多くの入居者がマンションで生活していくに際して生じ得るトラブルに対して素早く対応してくれる会社を選ぶことができます。このようにして複数社の中からマンション管理業務を委託したい会社を見つけたなら、国交省より出されている委託契約書を参考にしながら契約を結ぶようにします。こうすることによって、たとえ法や契約などにあまり詳しくない場合であったとしても、問題なくスムーズに手続きを進めることができ適切な契約を結ぶことができます。

またマンション管理を委託する際に注意しておきたいもう一つの点は、単年契約を結び一年ごとに更新するということです。これは、長期契約を結んでしまったために、仮に満足のいく業務を行なってくれない場合でも、委託する会社を変更できないといった問題を回避するためです。単年契約にしておくなら、一年で委託する会社を変更できるためリスクは少ないと考えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *