アパート管理とは、どのような仕事?

アパート管理とは、アパートの敷地内の清掃や保守点検、各部屋の修理や点検などを行う仕事になります。

アパートの各部屋は、その部屋を借りている人が基本的に管理する必要がありますが、駐車場や外階段等の共同使用部分は、アパートの運営会社が行うことになります。そのような共同部分の管理を行うのが主な仕事です。駐車場の草むしりや共同使用部分の清掃などを定期的に行っています。また、各部屋の住人同士のトラブルを防ぐために苦情等を受け付けて、その部屋の住人に注意をするのも仕事内容の一つに含まれます。最近話題になっている近隣トラブルの多くが住人同士が直接やり取りをして起こってしまうトラブルです。

そのようなトラブルを防ぐためにそこに住んでいる住人達の要望や苦情などを引き受けて、適切に対応する仕事でもあります。そのような仕事の他にも、入居者の募集や入居者の解約や契約の更新などの手続きも行っています。運営会社の自社所有の物件でない場合は、その物件の大家さんの代わりにその物件を管理することになります。多くの物件を取り扱っている多くの不動産会社が、大家さんからの物件を預かっているのが現状です。

不動産会社がそのように大家さんから物件を預かって管理するメリットは、少ない人数で多くの物件を取り扱うことができる点です。同じような業務を自社で扱っている物件をまとめてみることで人件費を抑えることができるというメリットがあるからです。仕事内容なほとんど同じなので、多くの物件を同時に扱うこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *