アパートは管理で成否が決まる

不動産投資の中でも、昔から王道と言われているのがアパート経営です。

それには木造から鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りまでいろいろあります。ターミナル駅の駅に近い立地の良い物件であれば、末永く安定した家賃収入が得られるために、安心感が大きくなります。しかし、駅から離れていたりなどの立地に問題がある場合には、やや不安定な経営を強いられる時代になっています。このような時代であるからこそ大事になるのが、アパートの管理なのです。アパートやマンション経営はそれですべてが決まると言われています。

つまりどの管理会社に依頼するかがとても大切になるのです。中には大家自らが物件を管理している場合もありますが、部屋数が莫大になるとても一人ではできなくなります。ですからそのような場合には管理会社に任せることになります。ではどのような会社に任せればよいのでしょうか。それはやはり実績のある会社です。大切なのはどのくらいの物件を受け持っているかという事に加えて、どのくらいの期間そのような業務を行っているかという事も大事です。

大企業だからよいというわけではありません。地元の不動産会社でも実績のある所であれば問題ないでしょう。このように経験の積んだ不動産会社に依頼すれば、きちんとアパートを見てもらえるでしょう。アパート経営の成功は不動産会社の「管理」にすべてが掛かっています。大家はきちんとそのことを認識するべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *