賃貸物件と持ち家はどちらが良いのか

賃貸物件と持ち家のどちらが良いのか、迷う人は多いです。

賃貸物件のメリットは、転居のしやすさです。急な転勤などにも柔軟に対応できる点は、持ち家よりも良いといえます。また、自然災害などで家が損害を被っても、すぐに引っ越して新しい住宅に住むことが出来ますが、持ち家ではそのような選択は難しいといえます。家賃の面では、持ち家も賃貸もローンの支払い中には、さほど出費に差はありません。しかし、持ち家は収入が激減する老後にローンが終わっていると、家賃代が浮くのでとても楽な生活を過ごせることが出来ます。

ただし、若い時にマイホームを建てた人は、老後には築年数が経ってしまいリフォームを行う時期が待っています。外壁をはじめ、キッチンやお風呂などの水回り関係のリフォームを考える人も多く、数百万円の出費がかさみます。賃貸の場合、家の傷みが目立ってきたら新しい家に転居しやすいメリットがあります。

また、家族の成長に合わせて部屋を変える人も多いです。子供が小さいうちには2LDKの間取りで家賃を抑えて、大きくなって子ども部屋を持つ頃には3LDKの家に変えるという方法もあります。ずっと高額のローンを支払うよりも、状況に合わせた家賃の家を探せるのでお得といえます。日本人はマイホームに強いあこがれがあり、是非手に入れたいと願う人も多いですが、賃貸にも素敵なメリットがたくさんあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *